げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ - 😂 - www.opus.co.nz

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå‡ēãĒい原因とå‡ēし斚ぞとめ

ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå‡ēãĒい原因はį—…æ°—īŧŸã‚šãƒˆãƒŦã‚šīŧŸ ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå‡ēãĒい。å‡ēせãĒã„ã€‚å–‰å…ƒãžã§ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒæĨãĻいるぎãĢãƒģãƒģãƒģ これらぎ原因は大きく3つが挙げられるそうです。 čƒƒãŽåŽį¸ŽæŠŸčƒŊぎäŊŽä¸‹īŧˆčƒƒæŊ°į˜ãƒģ胃į‚Žãƒģčƒƒä¸‹åž‚īŧ‰

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ 喉ぎつかえ(喉ぎį•°å¸¸æ„Ÿ)īŊœč¨ē察厤でよくãŋる大äēēぎį—…æ°—

これãĢ寞しãĻ喉頭į•°į‰Šį—‡ã§ã¯åŽŸéš›ãĢ器čŗĒįš„ãĒį—…変がãŋられãĒいãĢもかかわらず、ぎおぎåĨĨãĢころころとしたį•°į‰Šæ„Ÿã¨ä¸åŋĢ感を感じるもぎで、一čˆŦぎ内į§‘外æĨではしばしばįĩŒé¨“されるもぎです。 å›ŗ1 åšĨ下障åŽŗぎ原因

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå‡ēãĒいīŧč‹Ļしい、吐き気があるぎはį—…気だãŖたīŧŸ

喉ぞでæĨãĻるぎãĢã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå‡ēãĒい ä¸€æ–šã§ã€ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå‡ēãĒいというときãĢは、 喉ぎあたりでã‚Ŧ゚がæ­ĸぞãŖãĻいる感čĻšãŽå ´åˆ もありぞす。 そういãŖた場合ãĢは、ぞず気道をåēƒãã—ãĻãŋぞしょう。

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ 喉ぎつかえ感īŧšåŒģå¸ĢãŒč€ƒãˆã‚‹åŽŸå› ã¨å¯žå‡Ļæŗ•īŊœį—‡įŠļčžžå…¸

å–‰ãŽé•å’Œæ„Ÿã¯ãĄã‚‡ãŖとしたことでも不åŋĢ感が大きく非常ãĢ気ãĢãĒるもぎです。 éĸ¨é‚Ēã‚’ã˛ã„ãŸã‚ã‘ã§ã‚‚ãĒいぎãĢ喉ãĢ不åŋĢ感がある ãĒんだか喉ぎåĨĨãĢäŊ•ã‹ãŒã¤ãžãŖãĻいるようãĒ違和感がある į—…é™ĸではéĸ¨é‚Ēã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸãŒã€ãĒかãĒか喉ぎつか...

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ。 ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå‡ēãĒいīŧč‹Ļしい、吐き気があるぎはį—…気だãŖたīŧŸ

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå‡ēãĒい4つぎ原因とはīŧŸå‡ēそうでč‹Ļしいぎはį—…æ°—īŧīŧŸ

ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå‡ēãĒい時ãŖãĻčž›ã„ã§ã™ã‚ˆã­ã€‚ å‡ēそうでå‡ēãĒい時や喉がéŗ´ã‚‹ã‚ˆã†ãĒ感じでå‡ēãĒいんですね。 たぞãĢだãŖたらčĒ°ãĢでもあるかもしれぞせんが、é ģįšãĢįļšãã‚ˆã†ã ã¨åŋƒé…ãĢãĒりぞすね。 čƒƒãŒæ‚ĒいぎかīŧŸäŊ•ã‹ãŽį—…æ°—īŧŸãĒんãĻåŋƒé…æ€§ãŽį§ã¯æ€ãŖãĻしぞいぞす。

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå¤šã„ãĒらæŗ¨æ„īŧã‚˛ãƒƒãƒ—が多いäēēãŽã€ŒåŽŸå› ã€ã¨ã€Œč€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹į—…æ°—...

ã‚˛ãƒƒãƒ—ã‚’åŧ•ãčĩˇã“すä¸ģãĒ原因はæ—Ĩ常į”Ÿæ´ģãĢよるもぎと、į—…æ°—ãĢよるもぎぎ2į¨ŽéĄžãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚ã“ã“ã§ã¯ã€ã€Œã‚˛ãƒƒãƒ—ãŽå›žæ•°ãŒäēēよりも多い」と感じãĻいるäēēãĢ、そぎ原因と寞å‡Ļæ–šæŗ•ã‚’ごį´šäģ‹ã—ぞす。

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ čƒƒãŽã¤ã‹ãˆã‚„é•å’Œæ„Ÿã€å–‰ãŒčŠ°ãžã‚‹æ„Ÿã˜ã€ã’ãŖãˇãŽį—‡įŠļがあり、į—…é™ĸãĢ行...

äēŒé€ąé–“ãģãŠå‰ã‹ã‚‰čƒ¸ã‚„čƒƒãŽã¤ã‹ãˆã€å–‰ãŒčŠ°ãžã‚‹æ„Ÿã˜ã‚„é•å’Œæ„Ÿã€ã’ãŖãˇãŒãŸãžã‚‹æ„Ÿã˜ãĒおがあり、į—…é™ĸãĢ行ãŖãĻきぞした。そぎįĩæžœã€ãŠãã‚‰ãčƒƒæŊ°į˜ã§ã‚ることが判明しぞした。しかも5įŽ‡æ‰€ã‚‚ã€‚ãŠãã‚‰ãčŒãĢã‚ˆã‚‹čƒƒæŊ°į˜ã§ã—ょう、ということでį”Ÿæ¤œīŧˆį—…į†æ¤œæŸģīŧ‰įĩæžœåž…

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ čƒ¸ãŽã¤ã‹ãˆãƒģ喉ぎ違和感īŊœåŽŸå› ã¯éŖŸé“がんīŧŸį–‘わしい3つぎį–žæ‚ŖをæŽĸる

čƒ¸ãŒã¤ã‹ãˆãŸæ„Ÿã˜ã‚„å–‰ãŽé•å’Œæ„Ÿã‚’ã€å˜ãĒるéŖŸãšéŽãŽã‚„éŖ˛ãŋ過ぎだろうと攞įŊŽã—ãĻいぞせんかīŧŸéŖŸé“ãŽčŠ°ãžãŖた感じはもしかしたら「éŖŸé“がん」ぎ恐れもあるīŧãžãšã¯äŊ“からぎã‚ĩイãƒŗをチェックしãĻ原因をčĒŋずãĻãŋãžã—ã‚‡ã†ã€‚č€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹į–žæ‚ŖãĢついãĻもčŠŗしくč§ŖčĒŦしぞす。

げãŖãˇ が å‡ē ãĒい 喉 ぎ つかえ 喉ぎåĨĨãŽé•å’Œæ„Ÿã‚„ã‚˛ãƒƒãƒ—ãŒå¤šãį”Ÿã˜ã‚‹å ´åˆãŽåŽŸå› ã¨å¯žį­–

喉ぎåĨĨぎ斚ãĢäŊ•ã‹ã—ら違和感があãŖãĻ不åŋĢãĒ思いをする場合、ぞずはéĸ¨é‚Ēã‚’ã˛ã„ãŸãŽã§ã¯ãĒいかとį–‘いぞすよね。 単ãĒるéĸ¨é‚ĒãĒらぞだいいぎですが、同時ãĢã‚˛ãƒƒãƒ—ã‚‚å¤šãå‡ēるようだと、原はもãŖと重大ãĒį—…気がæŊœã‚“でいるという可čƒŊ性がありぞす。




2021 www.opus.co.nz